受講講座一覧


高齢化が進む日本で、介護に対するニーズは増大し、より質の高いサービスが求められています。
実務者研修とは、より質の高い介護サービスを提供するために、実践的な知識と技術の習得を目的としています。

介護職員として働くうえで必要な介護過程の展開や応用介護技術等について学ぶことができ、介護の専門家として生涯 働き続けるためのスキルを磨くことができます。
また、介護の質的向上の観点より、 平成28年度の「介護福祉士国家試験」の受験から、3年以上の実務経験に加え「実務者研修」の修了が義務づけられることになりました。



介護職員初任者研修は平成25年4月にスタートしたホームヘルパー2級にかわる新しい講座です。
実際に介護に携わるうえでの基本的なノウハウを学ぶことができます。 高齢者や障がいをお持ちの方への日常をサポートするうえでの必要な知識を学ぶことができます。 介護、福祉業界で働くためには、初任者研修は真っ先に取得しておきたい資格です。



ガイドヘルパーは、在宅で生活する視覚障がい者・全身性障がい者および障がい児を対象として、外出時の移動を支援するサービスを提供します。
これらの人が、通院、市町村や福祉事務所等の公的機関に行くなど、外出が不可欠な場合だけではなく、映画鑑賞や観劇といった社会活動に参加する場合もサービスの対象となります。
地域社会での自立生活と社会参加を支援する大切な役割を担っています。



求職者支援制度に基づく職業訓練の認定を受けた民間教育訓練機関による職業訓練を、雇用保険の受給ができない求職者の方々に対して提供することにより、早期の再就職を支援する制度です。



「本当に合格できるかな」といった不安はつきもの。自分の苦手分野や客観的な実力をチェックして、万全の体性で本番にのぞみましょうグローバルでは直前対策講座の受講をオススメしております


行動援護従業者とは、精神障害・知的障害などの理由で行動上困難があり、常時介護が必要な方に対するスキル・知識を身につける為の資格となります。これまでは、居宅介護従業者養成研修を修了後、実務経験2年以上でこの有資格者とされてきましたが、平成30年4月以降は制度改正により、行動援護従業者研修を終了後直接業務1年以上の実務経験が必須となります。